img_02

仮想化基盤で便利になったこと

仮想化基盤が開発されたことによって、いろいろなことが便利になってきたといえるでしょう。
例えば、Windows上で別のOSを動かすことができるようになりましたし、他のOS上でWindowsを動かすこともできるようになったのです。

これがどれくらいすごいことなのかというと、一つのハードウェアで別のOSを使えるということです。

これがどれくらい便利なのかは、具体的な例を見ればわかります。Macを使っている人が、Windowsパソコンを使いたいと思った時には、いろいろと不便なことが生じる可能性はあるでしょう。

お手軽さが魅力のNutanixの優良サイトならこちらで見つかります。

例えば、Macで使っていたソフトウェアは、基本的にはWindowsで使うことはできません。



それで仕事ができなくなって支障をきたしてしまうこともあり得ることでしょう。

安心をコンセプトにしたlivedoorニュースの総合案内サイトです。

ここで仮想化基盤の技術が非常に便利なことに気がつくはずです。
Windowsのパソコンに仮想空間を作り、そしてそこにMacOSをインストールすると、一つのパソコンでどちらのOSも動かすことができますから、WindowsパソコンでWindowsを起動しながら、その中でMacOSを使うことができます。


もちろんですが、MacOS上でMacOSに対応したソフトウェアを使うことができます。

仮想化基盤が整備されたことによって、このようなことが可能になったといえるでしょう。

一台のパソコンで色々なことができるようになったのは非常に優れたことだと考えられます。