img_02

仮想化基盤を導入するために

現在注目されている仮想化基盤ですが、これから導入を検討している人は次のような基礎知識を頭に入れておくようにします。


仮想化基盤とは、サーバーなどのハードウェア内のリソースを物理的な構成に縛り付けられずに論理的に統合や分けることができる技術のことになります。

最新のエキサイトニュースのことならこちらのサイトが便利です。

仮想化基盤には、サーバー仮想化やストレージ仮想化やデスクトップ仮想化やネットワーク化荘かなどがあります。この中で一般的な仮想化となっているのがサーバー仮想化になります。
最近ではパソコンやインターネット環境が整備されていますが、その中でハードウェアが高性能になっています。

したがってサーバー処理能力が発達しています。しかしリソースが効率的に使うことができず、リソースが余ってしまうと言うことも発生しています。

この余った分をしっかりと有効活用できるのが仮想化になります。


そしてこの技術をサーバーに適用したのがサーバー仮想化になります。



これをもっと簡単に言うと、1台の物理サーバーで使われていないリソースを、複数のサーバーに割り当てて活用することができます。

しっかりと割り当てて処理のピークを自動的に分散させることができます。

また今までは1台のサーバーで1つのOSだけが動くというような状況が、サーバー仮想化を行うことで1台のサーバーで複数のOSを同時に動かすことができるようになっています。

最近よく聞くようになったクラウドコンピューティングでは、少ないサーバー数で必要なエネルギー消費を抑制することができます。