img_02

より強化された仮想化基盤ツールの登場

仮想化基盤を利用することによって一台のハードウェア上でメンテナンス性を損なうことなく複数のOSを動作させることが可能となりました。

しかし、何らかのソフトウェア的エラーが発生した場合はそのアプリケーションまたはOSが停止してしまうことに変わりありません。
そこで生まれたのがハイパーバイザーと呼ばれる新しい仮想化基盤です。



ハイパーバイザーはハードウェアと各OSの間に位置し、従来の仮想化基盤の代わりを務めます。

OKWave情報サイトをご利用下さい。

ただし、ハイパーバイザーはこれまでのOS毎に独立した基盤ではなく、インストールされている全てのOSを認識し、管理する機能を持っています。

これによって構成したハードウェアを複数台用意すれば、あるひとつのハードウェア上で動作しているアプリケーションに問題が発生した場合でも、ハイパーバイザーがそれを検知して他のハードウェアの同じアプリケーションにメモリ情報ごと動作を移すことで見た目にはアプリケーションが動き続けているようになります。



さらに、データベースなどの記憶媒体を独立させ、全てのハードウェアで共有することにより、動作の移行後も記憶媒体へのアクセスはそのまま維持されるためより効果的です。現在は単純な仮想化にとどまらず、メリットを生かしてより安定した業務システムを提供するためのツールやソフトウェア製品が多数登場しており、また、個人向けパソコンの安価なCPUにもハードウェアによる仮想化機能はすでに搭載されているため、コストの低下も期待されています。